名車に出会う⑩ 山間部でスピードアップ 初の振子式特急電車381系(リニア館)

5_20231207093210a2e.jpg
(伯備線を走る特急やくもにも使われました)
 日本で初めての振り子式特急形車両として一世を風靡した特急電車「381系」。1973年(昭和48年)に登場し、中央本線・篠ノ井線を走る特急「しなの」に導入されました。
3_20231207093209d6a.jpg
(リニア館に展示されている「クハ381-1」。貫通扉のある前期型)
 1982年(昭和57年)までに277両が製造されました。その経緯は中央本線の名古屋駅 - 長野駅間の電化。特急電車を運行する際、カーブ区間が5割近くを占めるため、所要時間は、今までのディーゼル特急に比べて10分程度しか短縮できません。当初は特急電車181系を導入し、3時間45分で結ぶことが考えられていましたが、「381系」の投入で、3時間20分程度と大幅に短縮できることになりました。
aqs.jpg
(福知山線等を走る「こうのとり」でも活躍しました)
 1986年秋、福知山線の尼崎駅‐福知山駅間と山陰本線の福知山駅‐城崎温泉駅間の電化で走り始めた交直両用485系(後に交流機器取り外して直流183系)と同じ運転台が高い「電気釜」スタイル。振り子機能を搭載し、カーブで左右を傾けながら疾走するという画期的な発明に驚き、経緯を紹介した鉄道雑誌を慌てて書店で買い求めた記憶があります。
2_2023120709320948e.jpg
(「はしだて」は京都丹後鉄道線にも乗り入れました)
 車両は、なじみのクリームと赤の国鉄色で、軽量化と低重心に力を注いだ車両。アルミニウム合金で、本来なら屋根上に並んでいる冷房装置を床下に移しており、屋根がすっきりしたデザインで、低重心化を図った構造です。自慢の振り子機能による最大傾斜角度は最大「5°」。カーブ区間では半径によりますが最大20㎞のスピードアップが実現できたようです。
1_20231207093206fe5.jpg
(山陰本線では381系が並ぶ光景も)
 「381系」は後に阪和線・紀勢本線の特急「くろしお」や伯備線の特急「やくも」でも活躍。北近畿では、新造特急287系の投入が終わるまで福知山線・山陰本線の「こうのとり」で運用されました。山陰本線・京都丹後鉄道線の「はしだて」や山陰本線の「きのさき」にも使われたましたが、「289系」に置き換えらました。
 ただ、北近畿ではカーブ区間が多いものの、当初は機能を停止した状態で運行。自慢の振り子機能がプラットホーム等に接触する危険性等が指摘されされていたようです。「宝の持ち腐れ」とあって、その後、動作させらられましたが最大3°が限界だっだようです。 
7_20231207093212aac.jpg
(リニア館に展示されていたパノラマ車両「クロ381-11」)
 リニア館には現在、記念すべき1973年製造の「クハ381-1」が展示されています。381系の先頭車をパノラマグリーン車に改造した「クロ381-11」は展示を終えた模様です。歴史的に見ても価値が高い車両だっただけに少し残念です。

励ましにポチっと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道ランキング 鉄道コム
スポンサーサイト