名車に出会う⑨ 高山本線 往年看板特急・キハ82系「ひだ」(リニア館)

333_20231205092528b44.jpg
(飛騨路を行くディーゼル特急「ひだ」)
 飛騨路の往年のディーゼル特急「ひだ」。名古屋(1部は大阪)-富山・金沢間を高山本線経由で結びました。登場したのは1968(昭和43)年10月。名古屋-富山間を準急列車が運行を始め、その後、急行列車に格上げされ、さらに運転区間が延長されて誕生。車両は非電化区間で全国的に活躍した「キハ82系」が使われました。地元の山陰本線でも長年走っていた車両だけに、懐かしさがこみ上げてきます。
11_20231205092655302.jpg
(リニア館に展示されている「キハ82 73」)
 名古屋市のリニア・鉄道館に展示されている車両は「キハ82 73」で、1965年(昭和41年)に製造されたものです。クリームと赤の国鉄色が目を引き、合掌造りの家と飛騨山脈をモチーフとしたヘッドマークも趣があり、魅力的です。 
 uu.jpg
(「キハ82系」の後継として開発された「キハ85系」)
 特急「ひだ」といえば高山本線の看板列車。「キハ82系」が活躍後、特急電車「381系」を導入する話も出たようですが、国鉄の経営悪化で電化の計画が頓挫。しかし、JR東海が高性能で眺望抜群の「ワイドビュー」の愛称をもつディーセル特急「キハ85系」を開発し、1989年から運転を始めました。沿線の風景が素晴らしく、観光客の人気も集めたようですね。「キハ85系」が引退後、ハイブリッド式のディーゼル特急「HC85形」が導入され、最高速度120㎞で駆け抜けています。
55_2023120509253038d.jpg
(山陰本線を走った「キハ181系」の特急あさしお。「キハ82系」も使われました)
 「キハ82系」ですが、山陰本線では、同線初の特急として1961年(昭和36年)に「まつかぜ」が誕生。京都・大阪-松江・博多間を結ぶ長距離ランナー。12両編成で食堂車も連結していた時期もありました。1972年(昭和47年)に山陰本線の京都-鳥取間で運行を始めた特急「あさしお」にも使われました。
 その後に走り始めた「キハ181系」も見た目はほぼ同じですが、「キハ181系」は出力がアップし、客車の扉が片開きから折戸に変わったようです。ヘッドライトカバーが「キハ82系」で丸みを帯びたデザインでしたが、「キハ181系」では角張っています。
26444973_l (2)
(JR東海が北近畿を主に走る京都丹後鉄道に「キハ85系」4両を譲渡。第2の人生をスタートします)
 ところで、JR山陰本線・福知山線の福知山駅に乗り入れる京都丹後鉄道に、JR東海から、「キハ85系」4両が譲渡されました。京都丹後鉄道では「KTR8500系」となります。運行開始日は未定ですが、来年には姿が見られると思います。「線内特急予備車」との位置づけですが、特急「ひだ」等に使われ、沿線住民や鉄道ファンらに愛された車両が第2の人生をスタートします。待ち遠しいばかりです。
             「JR東海がキハ85系譲渡」既出記事1既出記事2

励ましにポチっと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道ランキング 鉄道コム
スポンサーサイト