紅葉狩りシーズン到来 きららで出かけよう(叡山電鉄)

m.jpg

(900形 展望列車きらら)

  立冬を過ぎて関西の山々では、紅葉が鮮やかさを増してきました。線路沿いの「もみじのトンネル」で知られる叡山電鉄でも、紅葉狩りに訪れる観光客が増えてきています。約250mの区間の両脇に280本ほどのモミジが植わっています。日中は徐行運転され、夜間はライトアップも加わり、見応えたっぷりです。天窓もあり、普通運賃で乗車できる展望列車きららに乗車するのが一番です。

s_20231108170805f9e.jpg

(色鮮やかな紅葉の中を走る800形)

bb.jpg

(紅葉狩りの出発点、出町柳駅)

g_20231108170816fca.jpg

(紅葉狩りを楽しんだ乗客らを乗せて出町柳駅に戻る展望列車きらら)

e_2023110817081385d.jpg

(出町柳駅~八瀬比叡山口駅を結ぶ観光列車ひえい)

f.jpg

(700形。沿線の神社仏閣をイメージした朱色塗装の722号車)

 叡山電鉄の路線は街中も、山間部もとても撮影ポイントが多くて魅力的です。本数が多いのでシャッターチャンスにも恵まれています。先日、鉄道写真家の中井精也さんが車両と大文字を入れて撮影した写真がテレビで紹介されていました。時間があれば、夜間に撮影に出かけたいと思っています。

励ましにポチっと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道ランキング 鉄道コム
スポンサーサイト