風情漂う伊予鉄道 路面電車

18.jpg
写真 昔ながらの50形)
 幼い頃、京都市内では京都駅前、そして繁華街の四条河原町等でも路面電車・京都市電が行き交っていました。都市部ながら風情ある沿線風景を眺めることができ、交通渋滞していても軌道敷を悠々と走り、快適。市バスより随分便利でした。鉄道と路面電車は、法律上、違う乗り物になりますが、今でも路面電車が走る街を訪ねると浮き浮きします。
15.jpg
写真 最新の5000形)
 愛媛県の県庁所在地、松山市に本社を置く伊予鉄道(現・伊予鉄グループ)は、国内で南海電鉄(前身・阪堺鉄道)に次ぐ歴史ある民営鉄道。1887年(明治20年)の創立で、路面電車(市内電車)と郊外電車があります。
5_20231014165216511.jpg
写真 低床の2100形)
 今回紹介する路面電車は、同市の中心部で伊予鉄道の松山市駅を拠点に、松山城を囲む形で運行されている環状線、全国的に知られる同市の道後温泉と松山市駅・JR松山駅前、さらに松山市駅と本町六丁目を結ぶ系統が運行されています。観光客も多いのですが、通勤通学時間帯は生徒、学生やサラリーマンらの姿が多数見られ、買い物で利用する主婦層にも欠かせない交通機関になっています。複線の区間も多いです。
55_20231014170757371.jpg
写真 路面電車の後方に見えるのは、いよてつ高島屋の大観覧車)
 車両は多彩で、坊ちゃん列車を除き38両があるようです。個人的に一番好きなのは昔ながらのモハ50形。みかん王国の愛媛県の県庁にふさわしい色彩だと思います。
10_20231014165219bfb.jpg
写真 松山三越近くを走る50形)
 モハ2100形は低床でバリアフリーを意識、モハ5000形は2017年に登場した最新型で、前面が曲面ガラスで丸みを帯びた斬新なデザインです。
7_202310141652269f5.jpg 6_202310141652272f6.jpg

2_20231014165224391.jpg 3_20231014165224c51.jpg

8_20231014165221b15.jpg 1_2023101416561584e.jpg
写真 多彩な車両が市内を走っています)
 観光客に人気の「坊ちゃん列車」は後日アップします。郊外電車は写真が少なく、次の機会までお待ちください。

励ましにポチっと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道ランキング 鉄道コム
スポンサーサイト