愛される鉄路 鉄道の日・制定30周年

22_2023100622173500d.jpg
(写真 287系特急の入線を待つ乗務員)
 かつて寝台特急等を牽引したC62は「鉄路の王者」と呼ばれますが、私はこの鉄路という言葉が好きです。線路や鉄道を意味しますが、1本のレールで全国各地がつながっているという美しい言葉の余韻を感じます。
77_20231006221738b6b.jpg
(写真 福知山鉄道館フクレル別館 C58)
 10月14日の「鉄道の日」が近づきました。今年は制定30周年の大きな節目となります。明治5年(1872年)10月14日、新橋ー横浜間に日本で最初の鉄道が開通。この誕生と鉄道の発展を記念し、運輸省(現在の国土交通省)が平成6年(1994年)に制定しました。
 国鉄の前身、鉄道省時代に話が遡ります。同省が1922年(大正11年)、鉄道記念日を制定。1949年(昭和24年)には国鉄の記念日となり、分割民営化後はJRグループの記念日へと変遷。しかし、JRグループ色が強いとの理由で、今の「鉄道の日」に改称されました。
33_20231006221738d30.jpg
(写真 福知山駅南口公園C11)
 この日の趣旨は今昔大きく変わらないと思いますが、変わったのは私鉄含む鉄道事業者が対象になったことです。鉄道の日に合わせて各地でイベントが開催されますが、代表的なのが東京都で開催される「鉄道フェスティバル」。JRグループ各社だけでなく、各地の多くの私鉄業者ら合わせて60社以上が集い、ブースを出展し、グッズの販売もあり、にぎわいます。今年は10月8日、9両日、お台場イーストプロムナードで催されます。
 詳しくは鉄道コムのイベント情報をご覧ください。
99.jpg(写真 福知山駅南口を望む)
 かつて全国27カ所にしかなかった鉄道管理局の一つ、福知山鉄道管理局があった「鉄道のまち」の京都府福知山市では10月14日、福知山鉄道フェスティバルが開催されます。 55_20231006221734ba5.jpg
(写真 オープンしたばかりの福知山鉄道館フクレル)
s.jpg
(写真 館内のジオラマ、現在の高架駅と先代の地上駅、機関区を再現しています)
 会場は、今夏に開業したばかりの福知山鉄道館「フクレル」、その向かいのゆらのガーデン、福知山駅構内・南口公園。以前紹介しました手作りの鉄道模型電動車の乗車体験や北丹鉄道車両型の大型模型乗車体験、ジオラマでの鉄道模型操作体験等があります。京都タンゴ鉄道の「丹後くろまつ号・丹後あかまつ号チョロQ(非売品)」の数量限定プレゼントもあるようです。
 詳しくは鉄道コムのイベント情報をご覧ください。
あ  
数量限定プレゼントの商品福知山市ホームページより)

励ましにポチっと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道ランキング 鉄道コム
スポンサーサイト