関西の近郊形電車ホープ 225系

11_20231004212016212.jpg
 
22_20231004212020a31.jpg
(写真2枚 225系100番台)
 関西圏を走る近郊型電車の225系。以前紹介した223系は「関西の近郊型電車の王者」と書きましたが、こちらは223系の後継車なので「ホープ」でしょうか。
 運行を始めたのは2010年12月。今までに480両(2022年6月現在)が製造されました。1987年4月のJR西日本発足時に開発された221系で確立した「明るく静かで快適な乗り心地」を受け継ぎ、安全性の向上や車内設備を充実させているそうです。
55_20231005083125d7c.jpg
(写真 221系)
 安全面では、JR福知山線(宝塚線)脱線事故を教訓に、JR西日本が独自に開発した衝撃吸収構造を採用し、前頭部の構造を強化しています。衝突時、乗客への衝撃と客室の変形を抑える構造だそうです。
 車内設備では、321系で採用した液晶画面による情報案内表示装置「WESTビジョン」を設置。大型化したつり革の数を増やす等、安全性にも配慮しています。 33_202310042120182e1.jpg
(写真 225系5100番台)
00.jpg
(写真 225系0番台)
 関西の多くの路線で活躍しており、番台区分も多いです。前面デザインは黒い部分が角ばったものと、丸みを帯びたイメージのものがあります。東海道、山陽本線などを走る番台は最高速度130㎞と特急並みですが、他の番台は120㎞設計です。
 関空快速等に使う5000番台、5100番台は、ラインが青のグラデーションで1列+2列の転換クロスシートを採用。他は白、ブラウン、青のラインが入り、2列+2列の配置です。福知山線で運行される6000番台のみ前面にオレンジのアクセントが入っています。
 2011年度にグッドデザイン賞を受賞しているイケメン?車両。後発だけにスピード感のある車両に仕上がっています。

※写真はJR神戸線に分類していますが、JR阪和線等の写真も入っています。
                          (参考:Wikipedia) 

励ましにポチっと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道ランキング 鉄道コム
スポンサーサイト