系列違えど仲良く走る 321系と207系

c.jpg

q_202309301003394c3.jpg
(写真 上は321系 下は207系)
 JR神戸線、京都線、宝塚線等で共通運用され、普通列車として大活躍する321系と207系。ともにラインカラーが紺とオレンジの組み合わせで、違いを意識する方は鉄道ファンぐらいでしょうか。
 ヘッドライトや前面スカートの形状等が違い、後発の321系は車内に液晶ディスプレイ案内装置を設置しています。乗り心地は賛否両論。後発車両が改善されているはずですが、シートの座り心地は207系に軍配が上がるという方もいるようです。
d.jpg
(写真 321系)
g.jpg
(写真 321系)
  321系は、2005年12月から運用を始めました。濃紺色で塗装された先頭車全面がきりっとしていて力強く感じます。201系と205系の置き換え用として7両編成からなる39本、273両が製造されました。
 ステンレス製車体で、最高運転速度は120㎞です。コストダウンのため、各車の構造が極力、共通化されています。座席がすべてバケットシートタイプのロングシートの通勤形電車です。 
 b.jpg
(写真 207系)
h.jpg
(写真 207系)
 207系は、JR西日本が手がける初の通勤型電車で、1991年4月に運行開始。103系置き換え用として484両が製造されました。私鉄と競合する路線が多いなか、相当力を注いで設計されたようです。
 加減速がスムーズでメンテナスが少なくて済むVVVFインバー制御を初採用し、通勤形電車で120㎞運転を可能にしました。車体幅2950㎜のワイドボディ。これも特急や近郊形電車に合わせた初めての試みで、今までより150㎜広い通勤型電車が誕生しました。
 脱線事故で車体色が変更されるという出来事もありましたが、321系とともに素晴らしい性能の車両です。私鉄と切磋琢磨し、通勤形電車の2大柱として活躍してほしいです。

励ましにポチっと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道ランキング 鉄道コム
スポンサーサイト