福知山駅南口公園の転車台とC11

C11.jpg
 福知山駅の高架開業を機に造成された駅南口公園で一際目を引く転車台に置かれたC11-40です。このC11は昭和8年(1933年)に製造されたタンク式のSLで、地方のローカル線や入れ替え用等で活躍しました。旧国鉄の福知山機関区にも配属されました。「鉄道のまち福知山」のシンボル的な存在になっています。
 転車台は、約100㍍離れた福知山機関区の一角にあったもので、高架時に移設されました。ディーゼル化、電化等の無煙化で、車両の方向転換をさせる必要がなくなったわけです。
 ただ、駅付近の連続立体交差事業で、扇形車庫が撤去されたのは残念。全国に現存する扇形車庫は数えるほどになっています。貴重な鉄道遺産として残してほしかったとつくづく感じています。

c11b
 C11は全長は12・65m、動輪の直径は1・52m。小型機関車ですが、電車には及びもつかない重量感や迫力があります。以前、静岡県の大井川鐡道でC11が牽引する客車に乗った日を思い出します。

東屋
 平面駅時代のプラットホームを連想させる東屋。柱には古いレールが再利用されています。古レールは、半世紀の間、2代目となる前福知山駅のプラットホームで使われていたものです。明治32年(1899年)福知山で初めて鉄道が開通した際、今のJR西日本福知山線の前身ともいえる民営の阪鶴鉄道が、アメリカのカーネギー社、イリノイ社から輸入したもののようです。
 駅ホーム上屋への古レール再利用は一昔は、目にする機会が少なくありませんでした。しかし、高架駅や橋上駅舎が増えるなかで年々姿を消しています。明治32年といえば、全国の鉄道網構築にも力を注いだ渋沢栄一が活躍していたころ。とても貴重な鉄道遺産が再々利用され、後世に残されることは素晴らしいことです。

人力
 転車台といえばSL時代の花形施設。この転車台は全長約20メートル、重さが約30トンもあります。写真は電動牽引機。鉄道OBの方によると、他の機関区では人海戦術で転車台を動かしていたところもあるとのことです。
                        (参考:福知山南口公園内 説明看板)                  
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道ランキング 鉄道コム
スポンサーサイト