街外れの高台に電車基地 普通電車編

1_202309030955468ab.jpg
 先日紹介した「街外れの高台に電車基地」の続編です。普通や快速で活躍する電車をみてみます。5年前の福知山電車区(現在、吹田総合車両所福知山支所)には、2008年夏に新造された223系5500番台(写真上)が16本(2両編成)、そして、113系5300番台(写真下)が6本(2両編成)が配備されていました。
5_2023090309555036f.jpg
 ともに活躍しているものの、113系は1996年の山陰本線(園部-福知山駅間)の電化に伴って導入された、歴史ある車両。かつては湘南色でしたが、今は改造が進んで5300番台となり、色も地味な緑になってしまいました。年季が入り、引退の日が近いかもしれません。大好きな車両だっただけに、もうひと踏ん張り頑張ってほしいです。
 一方、223系5500番台は、側面の車体強度が従来の223系より1・8倍強化された車両。まだまだ元気です。3_202309030955488b6.jpg
 吹田総合車両所京都支所 の221系(写真左から3番目)が福知山線の「丹波路快速」などに充当された時期もあり、福知山電車区に入区する日も多かったです。

励ましにポチっと応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道ランキング 鉄道コム
スポンサーサイト