JR東海から譲渡のキハ85系 京都丹後鉄道

555.jpg
 JR東海から今年3月、京都丹後鉄道(丹鉄)に譲渡されたキハ85系特急気動車が車両基地に置かれ、出番を待つ姿を撮影しました。平成23年(2011年)3月のダイヤ改正で廃止された特急気動車「タンゴ・エクスプロ―ラー」の廃車に伴って導入するもので、今後は線内予備車として運用される予定。時期は未定です。
 
777_202308201515398b1.jpg
 丹鉄は、車両や鉄道施設を北近畿タンゴ鉄道株式会社が保有し、丹鉄を運行するWILLER TRAINS社が借り受けて運行する上下分離方式。型式名称は北近畿タンゴ鉄道KTR8500形に変わります。
 丹鉄の車両は、工業デザイナーの水戸岡鋭治さんがリニューアル車両が人気ですが、譲渡された車両は現状のままで走るのか、リニューアルされるのか定かではありません。

888.jpg
 キハ85系は、観光客の利用が多い路線の高山本線や紀勢本線で活躍しました。眺望性に配慮して設計されており、平成元年(1989年)に通称産業省のグッドデザイン商品にも選定されています。
 譲渡された4両のうち2両が営業用、残る2両が部品取り用になるそうです。撮影した2両側面にはそれぞれ「キハ85‐3」「キハ85‐12」の車両記号がみられ、営業用の車両のようです。
 丹鉄は宮津市の由良川橋梁を走る列車の光景が注目され、「海の上を走る列車」と人気を集めています。近隣では今、兵庫県加西市などを走る第3セクター、北条鉄道で、JR東日本から譲渡された国鉄気動車「キハ40形」が走り、全国から鉄道ファンらが訪れる人気ぶり。丹鉄の誘客にも一層、期待がかかります。

(参考:京都丹後鉄道ホームページ 「安全報告書2022」)

エクス
現役で活躍時のタンゴ・エクスプローラー

にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道ランキング 鉄道コム
スポンサーサイト