福知山鉄道館フクレル別館 C58②

B04A1262 (2)
 複雑な計器類が並ぶ運転台は見学自由。中に入ると感知式ライトが照らし出してくれます。自動車のアクセルにあたる加減弁ハンドル、ブレーキ弁ハンドル、前後進を操作する逆転機、ボイラーに水を送る注水器や石炭を投入する焚口戸などがみられます。計器類も圧力計や速度計など多数。思わず見入ってしまいました。

B04A1238 (2)
 後に連結した炭水車の石炭取り出し口です。
B04A1260 (2)B04A1258 (2)
 SLが動く仕組み等の説明板もあり、SLの魅力や当時の機関士、機関助士さんの苦労を垣間見ることができるでしょう。今はまだ「福知山鉄道館ポッポランド2号館」の名が掲示されていますが、フクレル開館に合わせて別館に名称変更かと思います。

 開館時間等詳しくは福知山市ホームページで。なお、8月23日に開館する福知山鉄道館フクレルでは、本物さながらに機関助士体験ができるコーナーが設置されるそうです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
鉄道ランキング 鉄道コム
スポンサーサイト